2018-11-30のお知らせ

 お知らせTOP

運動遊び講座

こんにちは!

先日中原区役所地域連携の職員による「運動遊び講座」が開かれました。

今回は1,2歳児のはなB、にじ組が参加です。

乳児サーキットの中で運動機能が身に付くように、

教えていただきました。

まずはマットでお芋に変身!

コロコロ~

バランスをとりながら一本橋を渡ります。

一本橋は保育士手作りのマルチパーツ型です。

このマルチパーツを使用して、身体能力、創造性の発展に繋げていきます。

保育士に抱えられ、鉄棒を後転する時の後転感覚を体験しました。

抱えられたまま、後ろに急降下します。

この経験があることで、鉄棒に挑戦したときの恐怖心がなく、

スムーズにできるようになります。

そして鉄棒で回るときは脇を締めることが必要と言われています。

1、2歳児の時期に感覚を身につけ、力を入れて脇をしめられるように

していきます。

脇をぎゅっ!!

この力の入れ方が大切です。

ハイハイは赤ちゃんだけと思われがちですが、運動能力を育む為には

「這う」という動きを継続していくことも大切です。

 

マルチパーツを使用して、自分の足で進む運動をします。

後ろからはお友達が押してあげます。

よいしょ!よいしょ!!

ボールの正しい投げ方も教えていただきました。

耳の横からボールを投げます。

それっ!

 

 

最後はおすしすしすしの手遊びをして終了でした。

継続することが幼児期の運動能力に繋がるので、これからも楽しく

身につけられるようにしていきたいと思います。

中原区役所地域連携の職員の方、ありがとうございました。